読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らし、ときどき北欧。

夢をカタチにするまでの軌跡。

アイマニパット

イベント情報です。

 

f:id:kmtaetksk:20170318235227j:image

 

来月15・16日、小布施にある玄照寺にて

「境内アート小布施✖️苗市」が開催されます。

 

その一日目終了後に音楽イベント!

その名も「アイマニパット」(合間にぱっ、と)

…だじゃれ?笑

 

わたくし

Okikaと小さい鷲男 の語りの中の

女神として踊らせていただきます。

 

普段、姫やってるときありますけど

女神、はなかなかないですね。笑

 

f:id:kmtaetksk:20170318235824j:image

 

イメージこんな。

でも演舞なので三人で踊りますー。

 

春の暖かい陽気の中、ぜひお出かけください♡

 

お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スウェーデン最終日

f:id:kmtaetksk:20170317204048j:image

 

夜のフライトだったので、

最終日にまさかのビッグイベント発生。

 

彼のおじいちゃんおばあちゃんに夕食お呼ばれしました。

(空港に近いところに住んでいる)

 

緊張した…っ!!

 

f:id:kmtaetksk:20170317204248j:image

 

サーモンをオーブンで焼いたの、おいしかった♡

 

f:id:kmtaetksk:20170317204443j:image

 

ブルーベリーパイ♡

ブルーベリーは買ったものではありません。

森で摘んできたものです。←これがスウェーデンぽい。

 

この日、わたしの中途半端な言語力に嫌気がさすことになりました。

まず、スウェーデンのひとはほとんど英語ができる、とはいえ、やはり第二言語。苦手な人もいます。

(日本人は英語が苦手な人だらけですが)

わたしとの会話は簡単なこと以外、スウェーデン語ではなく英語になるわけですが

ちょっとおばあちゃんの話す英語にクセがあってなかなか聞き取れず。

 

おばあちゃんは彼にスウェーデン語で

「こういうことを話したいから通訳して」と話し

彼がスウェーデン語で

「もっとはっきりゆっくり話せば真弓はわかるからもう一度話してみて」と言いました。

 

そしておばあちゃん

 

「いえ、したくないわ」(※スウェーデン語)

 

心えぐられました(´;ω;`)

おばあちゃんごめんなさい。

わたし、話せないけどスウェーデン語なんとなくわかるんです。。

何気に一年くらい勉強してて、絵本読んだり

高校生のテキストやったりしてるんです。

 

中途半端な言語力、つらい。つらすぎる。

 

まさかのフライトの前に

別れが辛すぎて泣く、ではなく

悔しくて泣く、という事態に。(負けず嫌い)

 

この悔しさを胸に

いつか絶対スウェーデン語のみで会話できるようになる!と誓いました。

 

おばあちゃん、ありがとう。

やる気でました。

 

いま、大好きなディズニーをスウェーデン語で見てます。

f:id:kmtaetksk:20170317205711j:image

ベルになります。

 

 

 

 

 

 

お誕生日のキロク

f:id:kmtaetksk:20170315230925j:image

 

Nionde mars. 2017

 

スウェーデンのお誕生日には不思議な慣習?があることを知ったのは去年の彼のお誕生日でした。

 

お誕生日の朝、

朝ごはんやプレゼントなどを用意したら

まだ寝ている誕生日のひとにむかって

バースデーソング(もちろんスウェーデン語のもので、独特です。)を歌いながらやってきます。

 

去年それを聞いて

今年は彼のお父さんとともに一緒に歌えるようになりたい!と覚えてきました\(^^)/

 

朝はやめに起きて、

お父さんと準備。

 

歌いながら寝ている彼に突撃っ。

 

Ja må han leva
Ja må han leva
Ja må han leva uti hundrade år
Ja visst ska han leva
Ja visst ska han leva
Ja visst ska han leva uti hundrade år

 

簡単に内容はなすと

100歳まで生きるって歌。笑

 

わたしは英語のハッピーバースデーの歌よりも

こっちのほうが好き。

日本にも日本のおめでとうソングがあればいいのになあとおもいました。。(わたしが知らないだけ?)

 

このお誕生日の日でも

ふつうに学校いって、勉強して、

お昼はこっちに来て初の学食たべました。

 

f:id:kmtaetksk:20170315232144j:image

 

盛り付け上手くなくてすみません。

自分で盛る形式でして(´・ω・`) 

いくつかメニューあるなかからメインを選んで

サラダとかは好きなだけとれます。

 

夕方は彼の所属しているグループが

毎週木曜日にConversation Class(通称CC)を開いていて、アジア圏に興味のあるスウェーデン人と、アジア圏の留学生たちのおしゃべりの場になっています。

この週はボードゲームやカードゲームも一緒にやろう!ということで、わたしも参加しました。

 

f:id:kmtaetksk:20170315232341j:image 


Love letterというゲーム。
内容さくっと説明すると、一番大きい数字を最後に持ってた人が勝ち。
自分の数字当てられちゃうとその時点で負け。
持ち札の数字にあわせて、相手のカードを予想したり、トレードしたりできます。
勝つとラブレターがもらえて、それを多く集めた人が最終的に勝つというゲーム。

 

f:id:kmtaetksk:20170315233037j:image 

 

 

ただ、高得点の同じ数字のひとが二人いた場合

若い人が勝つというルールがあります。

(子どもとゲームするときは、子どもが勝つようにできてるのかな)

というわけで、

二度もドローだったのに、若さに負けましたっっ。

 

みんな学生さんなんだもの、仕方ない。

(と言いつつ悔しい。笑)

 

この日でわたしが学校に来るのは最後だったので

みんなとハグしてお別れ。

さみしーーー。

 

そして夜ご飯食べに町へ向かいました!

去年も彼のお誕生日の日に食べたところで

インド料理のお店。Yogi。

 

f:id:kmtaetksk:20170315233416j:image

 

けっこー辛いの忘れてた。。

(※牧野は辛いの苦手です)

次回来るときは辛さの調整してもらわねば。

 

でもおいしかった♡ 

 

彼が生まれた日、

この先もずっと隣でお祝いできますように。

 

 お誕生日のキロクでした。

 

 

 

 

 

 

 

ストックホルム移動で使えるアプリ

こんにちはー。

まだまだ絶賛時差ボケちゅうの牧野です。。

 

ストックホルム移動の際、

バスに乗ったり電車乗ったりするのですが

もちろんチケット買わなくちゃいけません。

 

詳しくまとめてあるページを発見したのでリンクをコピペ。笑

https://allabout.co.jp/gm/gc/446284/

 

わたしは毎回チケット買うのが面倒だなーとおもったので、去年来たときにカードを買ってそこにチャージして使ってました。

 

今回いざ使うとき!

に、あれわたしのカードいくら入ってたっけ?と思いまして…

チャージ足りなかったらどうしよう、とお友達に話すとお友達がアプリを教えてくれました。

 

ストックホルムの地下鉄、バス、トラム、郊外電車は、SL(Stockholms Lokaltrafik)が一括して運営していて、そのアプリがあるのです。

 

ダウンロードして、自分のクレジットカード登録するとそこから引き落としでチケット買えます。

 

時間の検索とかもできて便利!

 

f:id:kmtaetksk:20170314172050p:image

 

使ってみました。

一度買うと時間内なら乗り換え自由にできるので

その時間も一目瞭然で助かります◎

 

結局、時間あるときにチャージがどれくらい残ってるのかを確認したら、足りてたんですけどね。

 

でもアプリの存在は知ってて便利なので

ご紹介でした\(^^)/ 

 

 

 

 

 

 

一カ月ぶりの日本

ついに昨日の夜に空港到着。

無事に帰国しました。

 

帰国した瞬間からばったばた!!

長野へ戻るために夜行バスをとっていましたが

それに間に合うか間に合わないか!ってところで

かなり焦りました。

そういうときに限って

自分の荷物がなかなか出てこない(´・ω・`)

 

東京駅ついてだっしゅ。

 

間に合った〜

出発8分前。笑

 

バスに着いてカバンを開けると

 

あれ!?

めっちゃ濡れてる!!!なぜ!!?

 

原因は飛行機の中でもらったオレンジジュース。

飲んどきゃよかった…

 

(°_°)

 

というどたばたで長野戻りましたー。

 

日記に書いてないこと、まだまだあるので振り返りをちょっと更新していくとおもいます。

 

 

Björklidenのあと、

乗り換え先のストックホルムをもう一度散策していて(ただし遅延して着いたので時間あまりなかった)

行きたかった北方民族博物館へ行ってます。

 

f:id:kmtaetksk:20170312180251j:image

 

衣装やインテリアなど歴史がぎっしり。

わたしのお目当ては北に住むサーミ族の展示。

 

f:id:kmtaetksk:20170312180442j:image

 

f:id:kmtaetksk:20170312180508j:image

 

スウェーデン語で書かれていることを理解したくて

英語とスウェーデン語、どちらの解説も写真撮りました。

 

今回、北へ向かったのはお友達に会うのがメインになったので、あまりサーミ族について調べたりできず。

ちゃんと勉強しなおして、また北に旅しに行こうとおもいます。

 

それではこのへんで。

今日ははやめに休んで、明日からのお仕事がんばります◎

 

 

電車遅延で得たもの

この北上して会いに来たお友達は

仕事で北海道に行った時に一度会ったひと。

 

でもそのときはそこまでたくさん話せなかった。

まだ出会って二度目のわたしにとてもよくしてくれたのは、

彼が日本滞在中に日本のひとたちがとてもよくしてくれたからだそう。

それをきいて嬉しくなりました。

 

2日目。

 

朝からこんなのに乗せてもらい

山の上まで連れてってもらいました。

(だいたいのひとはスキーとか持って行って、帰りは降りてくる。)

 

f:id:kmtaetksk:20170310141918j:image

 

これまた楽しかった!

お友達が働いているおかげでタダ乗りしました♡

 

山の上にステーションがあり

そこでひとやすみ。

 

 f:id:kmtaetksk:20170310142203j:image

 

入り口見えない。笑

ここで人気のワッフルを食す。

ソースのベリーはこの北のほうでないと採れないものだそうです。

おいしかったー。

f:id:kmtaetksk:20170310142150j:image

 

さて、この日の夕方4時半にまた夜行でストックホルムへ向かう予定が…

 

まさかの

 

3時間弱遅延。

 

7時15分に来るとか。

え、何があったの、大事故?

そのへん、なぜかわかりません。

 

というわけでお友達のお仕事お手伝いしつつ待つことに。

その日あまり忙しくなかったので

お友達とけっこー深い話になりました。

 

わたし、自分の嫌いな部分とかちょっと人とは違う考え方とかあって、それを話すと嫌がられるかなと思ったんですが

 

彼はわたしを抱きしめて

 

もっとよく知れてよかったよ

いつでもまた来てね!

 

そう言ってくれて、

日本じゃ社交辞令みたいな言葉が

全然そう聞こえなくてとても救われた。

 

そして、わたしにとって

とても大事な言葉をくれたけれど

それは自分の心の中に留めておくことにします。

 

ありがとう。

 

というわけで、電車遅延のおかげで

なんでも話せる友人ができたので

これもまたよかったなとおもいました。

 

ちなみに遅延はさらに2回ほどのび

結局8時ちょっと前にきましたが

3時間半の遅れを少し取り戻して

2時間半の誤差でストックホルムにつきました!

 

長い旅でしたーーーー!

 

遅延すらも楽しかった!!

 

 

 

 

 

 

空の移り変わり

更新遅くなりましてごめんなさい!

実はもう帰国日の朝の6時前です。

 

毎回、帰る日はあまり寝つけません。

(寝ちゃうとすぐに時間たってもったいない気がするからかも。)

 

Björkliden はマイナス25度とかでしたー!

でも全然平気。

わたし寒いところ好きなのだろうか。

カナダにいたことといい、スウェーデンといい

国内では長野だったり。不思議。

 

f:id:kmtaetksk:20170310135252j:image

 

めちゃめちゃ快晴だったので、夕焼けのグラデーションがみたことないくらい綺麗でした。

写真じゃ伝わらない〜。

 

夜はどこでみてもオーロラ見られました!!!

なんて贅沢!

 

ただ、今回の北上の目的がオーロラ鑑賞ではなかったため、三脚を持って行かず…

写真撮るの難しくて…

f:id:kmtaetksk:20170310135516j:image

 

これが限界っっ。

 

オーロラは見られるとやはり感動するので

ぜひ一度は見てください、おすすめ。

 

ちなみにスウェーデン語だとnorrskenと書くのだけど発音の仕方が曲者すぎて、一発で理解してもらえません(´・ω・`) くやしい。。

 

わたしが泊まったのは、

お友達が住んでるシェアハウスですが

そのお友達がホテルで働いているので中をいろいろと案内してもらいました!

 

f:id:kmtaetksk:20170310135847j:image

 

サウナがあるー!

でもこれ、曜日で男女わかれていますが、

夜の6時から9時は男女混合です。

お友達に、

水着とかタオル巻いてはいるの?ってきいたら

みんな裸だよ!とさらりと言われました。

ほえーーー。

さすが海外。笑

 

たしかにシェアハウスで一緒のお友達たちも

すごいオープン。

ふつうに鍵かけずにお風呂とかはいってる。

一度、男の人がはいってるの知らずにあけちゃった。(°_°)

そして手を振りながら挨拶された。笑

慌てて扉閉めました〜。きゃー!

 

でもシェアメイトみんな優しくていい人たちだった!

ビーガンのひとがいるので食事はいつも動物性のものは一切なし。スウェーデンに来ていちばんヘルシーな食事になりました!

 

翌日。

 

f:id:kmtaetksk:20170310140905j:image

 

これまた写真じゃわからないかもしれませんが。

全部きらきらでした。

雪が軽くて風で舞うのです。

ずっと眺めてて飽きない!

 

この景色の移り変わりの美しさを見られるだけでも

北上してよかったなとおもいました。

美しいものを見るとこころときめく。

 

では、次につづきます。