田舎暮らし、ときどき北欧。

夢をカタチにするまでの軌跡。

小松姫田んぼ2019始動

田んぼをしてるのは 生きものが好きだから お米が好きだから それともうひとつ ここに集まるひとたちが 好きだから。 田植えをするために集まってくださった方々 総勢16名! 若者が多かったこともあり 今年は最速の15時前には植え終わるという あっという間…

須坂クラシック美術館の牡丹づくし

に、いってきました。 クラシック美術館は二回目! お友達は初めて。 牡丹の絵も素敵だったけど わたしたちはお着物見てきゃーきゃー言ってました。 銘仙可愛過ぎないか? 季節に合わせて展示が変わるから、 今回は単衣ものがたくさん〜 この日のお友達は紬…

田んぼでごろん

「今年も美味しいお米が育ちますように」 「たくさんの生きものたちと出会えますように」 毎年恒例の田んぼごろん。 自分の田んぼを自分の身体全部で感じる。 土に触れて、じんわり自分の一部になる感覚に集中。とてもほっとするし、さらに愛しくなるんだな…

皆神山ピラミッド祭り

来年は、必ずこの舞台にたつと決めている。 オファーがあったのは今年の4月で、 もう十分な練習時間が取れなかったためOkika先生だけが舞台にたつことになった。まだまだ自分のレベルは低いなあと実感せざるを得ないよね。 でも立つからには、いいものを。 …

きものまつり

十日町へ。 というわけで、十日町が産地のマジョリカお召を着て行ってきました。 うちのお店の毎年恒例バス遠足。 わたしは初参加です。 道中は桜や菜の花が楽しめましたし、 ご参加の方々が色んなお着物を着ていたので 見るだけでもわくわくしました。 お着…

移住5年目の春

庭のチューリップが咲いていた。 朝の6時半。カエルたちがぴょこんと顔を出す。わたしが草刈りをした後をムクドリたちがついてきた。 田んぼ気持ちいい。風はまだ冷たい。ひんやり。日差しはあったかい。でも4時間も草刈りすれば汗はかくね。 90歳のおじいち…

第二回北欧展を終えて

あっという間に三日間がおわりました。 旅する北欧展vol.2 前回はほっこりナイトと称して、夜のイベントをしましたが、今回はfikaタイムというお茶の時間を二日間するという。 シナモンロール焼いたの〜 香りだけで幸せになれる。 シナモンロールってスウェ…

松代春まつり2019

踊ってきました。 桜咲く松代城址公園にて。 今年初のOkika oriental danceの舞台。 お天気は午後から雨予報でしたがもってくれました。 やっぱり踊ることが楽しい。 一緒に踊ってるメンバーも大好き。 今年は他のことをしつつ、どれだけ踊れるだろう。 レッ…

「自然」との距離

今回のスウェーデン旅で すごく面白いなって感じたことのひとつが 「自然」との距離。 これがとても近い気がした。 わたし、環境教育や自然の中を職場にしていたときがあるからか この距離感がよくわかる。 大好きなリンゴンベリーもエルダーフラワーも 摘ん…

北欧お買い物日記④

こちらストックホルムでお買い物した子たち。 左のänglaspelというのは日本語でロータリーキャンドルホルダーといって、くるくる廻るんです。 とってもスウェーデンぽいみたい(彼曰く) ハチドリのものは自分用に購入。 最近鳥好き止まらない… ダーラナホー…

彼のおばあちゃん

今回、彼のおばあちゃんおじいちゃんに会うのは二回目でした。前回の苦い思い出がよみがえる。。 http://kmtaetksk.hatenablog.com/entry/2017/03/17/205808 今回もたしかに彼を呼んで 「通訳して」ってスウェーデン語で話してるのは聞いたのだけど、 前より…

【Day 8】まさかの空港泊

最後の最後に上手くいかなかったなー。 というわけで、ただいま羽田空港にて時間潰してます。 なぜこうなったかといいますと 北京空港へは時間通り着いたんです。 そこから飛行機乗り継ぎで、乗ったはいいが 出発しない ん? 滑走路まで動いたのに引き返した…

【Day 7】ストックホルムデート

泊まっているKnivstaから電車で40分くらいでストックホルムの中心地に着きます。今回のストックホルムでの目的は① 時計が見たい(彼)② Södermalm という南の地区のoutdoor marketに行きたい(今月から9月までの土日11-17で開かれているよう。※ミッドサマーの…

【Day 6】親戚中が集まるお誕生日パーティー

に、参加してきました。うおおおめっちゃ緊張した。 というか皆わたしのこと知ってた。まあこれだけ長いことつきあってたら知れ渡ってるか。すでに彼の妻だとおもってるひともいたくらい。長い遠距離恋愛していることを聞いた上でそのあとどうするのか?と聞…

【Day 6】ろっぴす(蚤の市)初参加

今日いちにちで「素敵!」「とっても綺麗!」って言葉をたくさんたくさんいただいた気がする。 その理由は振袖を着ていたから。 今回の目的のひとつLoppisと呼ばれる蚤の市に参加すること。彼に頼んで参加登録お願いしました。参加料は250クローナ(約3000円…

【Day 5】kimono × Swedish beauty

着物の美しさを 日本から海外へ ・ ・ ・ 「暮らしに着物を」もっと気軽に取り入れられたらなとおもい、わたしはきっちり和装だけでなくカジュアルにお着物を来て欲しい。 服の上から、とか ブーツを履いて、とか コートのように羽織って、とか。 難しいこと…

【Day 4】北欧お買い物日記③

昨日はリンショーピンの中心地へ。 初めに向かった先は、教会。 わたしはキリスト教徒でもなんでもないけど 教会のあの厳かな、凛とした雰囲気が好き。 必ず旅先で立ち寄る場所のひとつ。 きれーい。 心を穏やかにしたら、街へでて まずは腹ごしらえ。 SUSHI…

【Day 4】シルバーアクセサリーづくり

手仕事は、人の想いが伝わるから好き ・ ・ ・ 去年知り合ったシルバーアクセサリーの職人さん。 今回その方のお家にお邪魔して作業場を見せてもらった上に、ワークショップまでしていただきました。 前回ペンダントいただいたのに、今回はリングまで作って…

【Day 4】可愛すぎるCafe in Linköping

昨日はいちにち街の中心地を散策したのだけど、 学校の授業が終わった彼と待ち合わせをしようということになり 彼が「Café Berget」というので先に行って待ってようと向かったら…… な!に!こ!こ!!!、、 あまりの可愛さに発狂しそうなのを堪え ひたすら…

【Day 3】北欧お買い物日記②

可愛いしか出てこない ・ ・ お菓子屋さん兼雑貨屋さんで こちらを購入。 左: Fläderと書かれたものは フレーデル(英名だとエルダーフラワー)を乾燥させた紅茶。わたし、このエルダーフラワーの飲み物が大好きなの。 今回の北欧展2日目の夜のイベントで飲…

【Day 3】Gamla Linköping でfika

北欧三日目は、急遽こちらに留学している男の子と会うことに。 わたしがお着物で旅をしていることに興味を持ってくれてご連絡いただきました。 待ち合わせ場所は タイトルの通りGamla Linköping gamlaとはスウェーデン語で古いという意味。 昔の街並みが残っ…

【Day 2】北欧お買い物日記①

昨日はお買い物するつもりじゃなかったんだけど、夕方少し時間あったので。 一目惚れした子。クリーマー。 (値段見ずに手に取ってた) GEFLE(ゲフレ)社のAGNETA(アグネッタ)シリーズで人気が高かったよう。1970年代もの。 これもデザイン可愛くて手に取…

【Day 2】学校潜入再び

彼の家から学校までの道が好き。 ・ ・ ・ まだ少し時差ぼけっぽいので 無理せず彼の授業についていくことにしました。 ひとりで歩き回るの大変やし。 もう社会人も何年目ってくらいなのに まだ授業受けられる(ふりだけど)の楽しい。 スウェーデン語じゃな…

帯を取れ

と、中国の乗り継ぎ検査で言われました。 こっわ。 ぴーってなったの絶対ブーツのせいなの。 日本でもそうだったもの。 「日本の検査でもひっかかったので、ブーツだとおもいます。これ脱ぎますね」 『いや、これ(帯をつかみながら)取って』 「…え?どうし…

2年ぶり4度目の北欧へ

いってきます!! このブログのタイトルが 「田舎暮らし、ときどき北欧」なのに 最近全然北欧行かないやん と思われていたそこのあなた(いるかわからないけど) それもそのはず。 彼が日本に留学してたからね。 でも国へ帰ってしまったので 定期的に行き来…

2019.4.14@松代城

踊ります。 春の訪れを祝うがごとく。 13:10から。 一緒に楽しみましょうー。 ・ ・ ・ 本日松代春まつりで踊るためのリハでした。 わたしはこの冬の間、納得いくように踊れなかったので泣く泣くひとつの演目を諦めたけれど、 次の舞台に立つ夏までには身体…

life is ...

今の悲しみがまた あなたを美しくさせていくんだな と思いました ・ ・ ・ 今日言われて嬉しかった言葉なの。 ありがとう。 一昨日わたしに笑顔を向けてくれていたひとが 今日にはもういないなんて 信じられなくて 涙が出るまでに時間がかかった。 ひとしき…

金魚柄の浴衣

こんなに素敵な浴衣を 仕立てるって決めちゃったら 夏に好きなひとと お祭り行きたくなるに決まってる。 ・ ・ ・ というわけで、決めました。 憧れていた染屋さんの浴衣。 昨日いちにち悩みに悩んで いつもは落ち着いた色のお着物ばかり選ぶわたしにしては…

おばあちゃんの一回忌

大好きなおばあちゃんが亡くなってから もう一年も経つんだなあ、としみじみ。 今もわたしを呼ぶおばあちゃんの声を はっきりと思い出せるよ。 四十九日で帰省した時に おばあちゃんの遺影の前に とっても若いおばあちゃんのお写真があって 「それを遺影にし…

戸隠神社 奥社

冬の戸隠。 男性モデルさんのペア撮りお相手役を仰せつかって、撮影に参加させていただいた。 小松姫時代にも撮影なんてのは何度かありましたけれどね、お相手が男性なわけですよ。 照れます。わたし向いてない… でもとても貴重な経験をさせていただき感謝で…