読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らし、ときどき北欧。

夢をカタチにするまでの軌跡。

Be strong

らぶ

f:id:kmtaetksk:20170118205919j:image

 

今までの恋愛で、

こんなにも穏やかな恋愛はなかったとおもう。

 

もともとわたしは

やりたいこともたくさんあって

自分の譲れないものがあって

頑固だからこそ

相手とぶつかることも多かった。

 

相手がわたしと比べて

「自分なんて」と落ち込む人もいたし

当時の大好きな人に

心から応援されず悲しい思いをすることもあった。

 

 

 

わたしが今の彼に出会ったのは

一昨年の夏で

たまたまゲストハウスでイベントを開催したその日

泊まりにきた彼と出会う。

 

一目見て、こうなることがわかっていた気がする。

 

だからこそ、信じられなくて驚いた。

彼は旅人だったから。

 

彼が翌日の案内をわたしに頼んだとき

「田んぼの草取りがあるから無理」と断ったけれど

「手伝うよ」と言ってくれた。

きっとそれがなければ、今はなかったとおもう。

 

 

国を超えての恋愛に

周りはすごいというけれど

わたしたちが無理をしているようには思えないし

そしてこの先、ずっと一緒にいる気がしている。

 

ある日友達が言った。

「あのマッキー(わたし)がこんな遠距離をしているなんて。きっとそういうことなんだろうね。」って。

 

もちろん好きなときに会えなくて

寂しいことはある。

でも、距離が離れていても

心がこんなに近くに感じる不思議。

育った環境も違うし、言語の問題もあるけれど

それらを壁だとおもったことはないかもしれない。

 

 

 

今までの恋愛は

自分がいちばんだったから

いつも相手は二の次だった。

 

恋愛しないと生きていけないくせに

自分のことが優先で

相手を大事にできなかった。

 

いまは、

大好きな人のそばで、やりたいことをやること

これがわたしの一つの夢。

 

 

 

今朝は久しぶりの喧嘩。

ちゃんと話して仲直りしたけれど

そのときちょっとだけ、彼の弱音が見えた気がした。

 

普段が穏やかな恋愛だからこそ

一回の喧嘩が相当こたえる。。

それでも昔の恋愛に比べたら

全然喧嘩したうちにはいらないな。

 

 

はやく、そばにいられるように

大事なものを諦めなくても大丈夫なように

もっと強くなりたい。

 

この穏やかな恋愛を

守りたいです。