読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らし、ときどき北欧。

夢をカタチにするまでの軌跡。

ふくろうの住む森

ほーほーごろすけほーほー。

 

すぐ近くの森で鳴く

ふくろうの声が聞こえる。

 

わたしはすべての音を消して

そのふくろうの声を聞くのが好きだ。

 

 

松代町は城下町のイメージが強いけれど

たくさんの山々に囲まれていて

ちょっと行くと

田舎の原風景みたいなものが

すぐそこにある。

 

冬の星空は

空気が澄んでいて

きんってしていて

とても綺麗。

 

山の上の小学校のグランドで

ねっころがって星を見ている人がいたら

たぶんわたし。笑

 

f:id:kmtaetksk:20170129220913j:image

 

この数日間で

想いが似ているお友達と

いろいろ話したり

県庁の人や地元の人と話をして

つながっていくのを実感しているけれど

まだまだ具体性は足りなくて。

 

ちゃんとストーリーを組み立てて

周りのひとたちが関われるようなものにしていきたい。

 

 

 

 

今日は里山保全の活動をしているおじいちゃんたちが

発表とブース展示をするということで見に行ってきました。(ちなみにわたしもここのメンバー。二十代女子はわたしだけ)

 

いいことをやっているし

学校とのつながりもあるのに

やっぱり少し内向きで

広がりがない。

 

これから、エドヒガンという桜の木の植樹活動も行うので、もっと地域を巻き込んでいけないかと考えちゅう。

 

プロジェクトをちゃんとつくって

この団体のことも

町内のひとたちに知ってもらいたい。

 

 

 

ふくろうが住む森。

きっともっと多くの生きものたちが住んでいるはず。

その森がその町に住むひとたちにとって関係のないもの、なんて悲しすぎる。

 

ふくろうが鳴いたら

耳をすませて

いい声だねって

そう言う子どもたちが増えたらいいな。