読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らし、ときどき北欧。

夢をカタチにするまでの軌跡。

唯一予約していた宿

Sweden 繋がる毎日。

f:id:kmtaetksk:20170225145711j:image


実は今回の1ヶ月の旅で
日本にいる間に宿をとっていたところは
唯一この日のストックホルム一日だけ。笑

 

去年はぜーんぶ計画たてて、
そのように動いて、、
それけっこう疲れた記憶が。  

 

行きたいときに動きたいし
疲れたら休みたい。

 

というわけで
今回はほぼノープラン。


行く先にいる知り合いやお友達に連絡をとりつつ
向こうが来てもいいよ!といったら動く。

 

この予約してたホステルは
ストックホルムの駅から約10分くらい。

 

City backpackers hostelというところ。


女の子のみのドミトリーを予約しました。
(部屋に二段ベッドが4つあって、8人が泊まれる部屋のベッド一つを借りる感じ。)

 

北欧のホテルはどこも高い!!
こういう安宿じゃないとお金がかかって仕方ないです。。朝食つけても3500円くらいだったかな。(最初の朝ごはんの写真)

 

観光スポットから近くて立地いいわりには安いとおもいます。きれいでしたー。
WiFiがちょっと遅かったり切れたりするのが嫌だったけど。笑

 

ここの宿で、日本人の女の子とスウェーデン人の男の子ふたりがいて、朝ごはん一緒したのだけど

 

「彼が交換留学で日本に来ていた時に知り合いました」

「わたしは北海道の札幌出身で」

 

…?ん?北海道、しかも交換留学?

 

「もしかして学校は当別だったりしない?」とわたしが聞くと

 

「そうですーーーーー!!」

 

さらに

「じゃ、彼はレクサンドのひと?」と聞くと

「That's my hometown ! 」

 

やっぱり!!!笑

この前仕事で当別いきましたが、そこと姉妹都市なのがレクサンドなんです。

 

 

そしてこれからわたしがレクサンドに行くんだよー。という話をしました。

世界狭すぎ!(°_°)

 

はい、一昨日からレクサンドきてます。

この話してたときはまだどこに動くか未定でしたが

午後に受け入れてくれるステイ先がきまって

電車のって約4時間。

 

めっちゃいいところ!

ダーラナ地方は、スウェーデン人の

こころのふるさと

と言われるところ。

 

すごい落ち着くところです。町の雰囲気は。

でもやることありすぎて書きたいブログたまってます。更新遅くなってすみません。(わたしの日常はいつも落ち着いてません。笑)

 

今日はこれから町のイベントのお手伝いにいきますー。

 

更新気長にお待ちください!

ストックホルムでのことはまた後日書きます〜。