読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らし、ときどき北欧。

夢をカタチにするまでの軌跡。

電車遅延で得たもの

繋がる毎日。 Sweden

この北上して会いに来たお友達は

仕事で北海道に行った時に一度会ったひと。

 

でもそのときはそこまでたくさん話せなかった。

まだ出会って二度目のわたしにとてもよくしてくれたのは、

彼が日本滞在中に日本のひとたちがとてもよくしてくれたからだそう。

それをきいて嬉しくなりました。

 

2日目。

 

朝からこんなのに乗せてもらい

山の上まで連れてってもらいました。

(だいたいのひとはスキーとか持って行って、帰りは降りてくる。)

 

f:id:kmtaetksk:20170310141918j:image

 

これまた楽しかった!

お友達が働いているおかげでタダ乗りしました♡

 

山の上にステーションがあり

そこでひとやすみ。

 

 f:id:kmtaetksk:20170310142203j:image

 

入り口見えない。笑

ここで人気のワッフルを食す。

ソースのベリーはこの北のほうでないと採れないものだそうです。

おいしかったー。

f:id:kmtaetksk:20170310142150j:image

 

さて、この日の夕方4時半にまた夜行でストックホルムへ向かう予定が…

 

まさかの

 

3時間弱遅延。

 

7時15分に来るとか。

え、何があったの、大事故?

そのへん、なぜかわかりません。

 

というわけでお友達のお仕事お手伝いしつつ待つことに。

その日あまり忙しくなかったので

お友達とけっこー深い話になりました。

 

わたし、自分の嫌いな部分とかちょっと人とは違う考え方とかあって、それを話すと嫌がられるかなと思ったんですが

 

彼はわたしを抱きしめて

 

もっとよく知れてよかったよ

いつでもまた来てね!

 

そう言ってくれて、

日本じゃ社交辞令みたいな言葉が

全然そう聞こえなくてとても救われた。

 

そして、わたしにとって

とても大事な言葉をくれたけれど

それは自分の心の中に留めておくことにします。

 

ありがとう。

 

というわけで、電車遅延のおかげで

なんでも話せる友人ができたので

これもまたよかったなとおもいました。

 

ちなみに遅延はさらに2回ほどのび

結局8時ちょっと前にきましたが

3時間半の遅れを少し取り戻して

2時間半の誤差でストックホルムにつきました!

 

長い旅でしたーーーー!

 

遅延すらも楽しかった!!