読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らし、ときどき北欧。

夢をカタチにするまでの軌跡。

まごころ・ふれあい農園

わたしには長野にきてから知り合った

大好きな農家さんが何人かいらっしゃいます。

 

今回、その大好きな農家さんのところへお手伝いに行ってきましたー\(^^)/

場所は中条!

 

「まごころ・ふれあい農園」の久保田さん。

 

久保田さんを講師に招いた農の寺子屋というイベントにて何度かお手伝いをさせていただき、

すっっかりファン!!

 

虫を嫌う農家さんが多い中で

虫はメッセンジャーだと話す久保田さんにときめく。

育てている野菜たちの声をしっかり聞いて

心を込めているのが伝わるし

農業が好きなんだなということも伝わるので

一緒にいてほんとに嬉しくなっちゃいます。

 

田舎に農業の好きな女子が単身でやってくると

農家の嫁という縁談話が持ち上がりますが

全て丁重にお断りさせていただいている現在。

 

もし久保田さんみたいな農家さんがいたら

きっと悩んだ…!

(どうしてわたしはあと30年早く生まれてこなかったの…!←)

 

完全にファンですね。

 

ま、そんな話はさておき。

今回は『松代一本ネギ』定植のお手伝い。

松代町の伝統野菜ですー。

鍋の時期にはかかせない!甘くて美味しい♡

 

f:id:kmtaetksk:20170426210234j:image

 

今年はこの農園に

香川や愛知などの様々な県から研修生が来ておりまして

人手がたくさんだったため、午前中に9000本くらい定植できたみたいです。あっというま!

 

そして一部の研修生がいきなり脱ぎだして

上半身裸で農業やってるのにびっくり。

田舎だからってオープンすぎる!!

でもその開放感が楽しいのかもしれない。笑

 

これから就農するために

若い人がここへ学びに来てると思うと

日本の農業はまだまだ光があるなと。

がんばってほしいなー。

 

そしてハードルの高いと言われる

「農家の嫁」。

悪くないですよ。

(結局この話に戻る)

 

自分自身が生きものとか田んぼとか好きでやってると、なんでハードル高いのかなとおもうのですが

ふつうの女子は生きもの怖がる人の方が多いか。

しかも泥とか汚れるの嫌とかあるのかな。

土触るの好きなんやけども。

気持ちいいのでやってみてください。

あとは自分が関わった野菜もお米も、他のものより断然美味しく感じます。(実際おいしい!)

 

野菜が美味しいって幸せ以外の何ものでもないとおもう。

農薬とか気にせず

ざって洗って食べられるとか最高です。

 

わたしは今のところ

農業を職業としておこなう道には進みませんが

「農」って最強だとおもっていて

それは今でもこの先も変わらない気がします。

 

「趣味、田んぼです。」

ずっとこうやって言える人生にしたい。

 

来月はいったら田んぼ月間!

今年も楽しむ♡♡