田舎暮らし、ときどき北欧。

夢をカタチにするまでの軌跡。

次元の話

何かの記事でも少し触れたかもしれない

次元の話。

 

ひととしての次元っていうのは

そのひとが社会的に成功してるとか

お金があるとか名声とかそんなんじゃなくて。

わたしの中ではもっと違うもの。

 

ただ次元が高いか低いかっていうのが

それが良い悪いの話でもない。

学校で言うところのクラス分けみたいなやつだとおもってる。

小学校一年生と六年生じゃ全然違うけど

どっちが偉いとかそういうことじゃないもんね。

 

そもそも人と関わることに上も下もないとおもっていて、わたしは以前子どもたちの先生みたいな仕事をしていたこともあったけど(環境NPO時代)

いつでも心がけていたのは、子どもと同じ目線で物事を見ることだった。

子どもだから下で

大人で先生をしているから上だなんて思ったことなくて、子どもから教えられることも沢山あった。

それぞれを立派なひとりの人として尊重して扱うことを心がけてた。

上とか下とかっていう誤解があると、ほんとうのコミュニケーションができなくなってしまうのよね。そして関係が歪んでゆく。

子どもたちも、絶対そういうのって感じとるんじゃないかな。

 

何かを教えてもらったり助けてもらうことが人より劣ることじゃないし、

逆に何かを教えられるほど知識があることが優れているわけでもなくて、ほんとただ知ってるだけ。もちろん知るために沢山努力してきたことはあるかもしれない。

人を助けることも、偉いから助けるんじゃなくて、助けられる力があるから助ける。

そんなシンプルなことなんだよ。

優劣じゃないの。

 

他の人がどう感じてるかよく分からないのだけど、わたしはその次元の違いというのを何となく感じとれていて、なるべく自分は高いひとの傍にいようとしている。(自分よりも年下の子で、とても高いところにいる子もいるから本当に年齢とか関係ない)

でもそれってめちゃくちゃしんどいことだったりするんだよね。自分との差が見えるから。

だけど、むかし、憧れの人が言ってた。

 

素敵な人になりたければ素敵な人のそばに居ることって。

 

それを、ずっと心がけてる。

今の自分から、逃げないようにしている。

 

次元の話をしようと思ったのは

もう一人の尊敬するお友達と似たようなことを話していたから。

 

「すごい人を目の当たりにして、元が違うからと、始めから自分と切り離してしまう人と、自分はそこまでなれるかわからないけど少しずつでも頑張ってみようと思える人の小さな違いが、後に大きな差になっていく。人はそれぞれに差や段階があるんだから、今の自分の足元から耕せばいい」と彼は言った。

 

わたしはずっと後者で、素敵な人を目標にしては追いかけ続けている。

 

「まゆみは努力する人だからね。努力する人には努力するがゆえの悩みや目標に届かない自分に焦れることが出てくる。でもそれが自分の鍛えになっていくんだから、一つ一つ挑んでいけばいい。次元の違う悩みだよ。自分を引き上げてくれる人、引き上げあえる人と接していくことに務めればいいと思うよ」

 

わたしはよく

何でも持ってていいね

これ以上何がいるの?

と言われ続けてきた。

人から羨ましがられる人生らしい。(今は)

 

わたしみたいに生きたいと言われることもある。

 

「それが自分と切り離しちゃう人達のやっかみっていう心の作用だよ。そういう人達にはその人の本質は見えない。放っておいてまゆみのそういう姿勢を貫いていけばいいよ。わかる人にはちゃんとわかるからね」

 

わかるひとにはわかる、って

そのわかる人がすごいよなあと思ってる。

 

最近仲良くしてる子のひとりが、酔っ払っいながら言ってくれたから覚えてるか謎だけど

 

いやいやどれだけ大変な思いをしてここまで来たか、わかるよ。全然楽じゃない。

まじゅさんみたいに生きたいなんて言えない。

 

と、言ってくれて

そうかわかるひとにはわかるんだなあと。

わかってくれるひとが周りにどんどん増えていって、なんだか少しだけ呼吸が楽になった。

 

次元をあがるたびに、またひとつ問題にぶつかるのでそういうもんなんだなと思ってはいるけれど、高くなると偉いとかじゃなくて視野が広くなるってことに近いかも。高いと低いところのものがよく見えるようになるみたいな。

大好きなひとたちが躓いてたら、引き上げる側のひとになりたくて、いつでも上を見続けるようにしている。でもだいたい目標にするひとたちって同じく上がり続けているひとたちばかりだから、全然追いつけないんだなこれが。

有難いことです。目標を見失わなくてすむ。

相変わらず、人には恵まれっぱなし。

 

最初に話してたお友達に以前言われたのだけど

「まゆみは自分よりも(次元が)下の人を引き上げようと頑張るけど、上手くできなくてしんどくなってるのよくあるよね」

って。

それね、相手が望まないなら止めなきゃってほんとおもったの。

どうしても相手が好きな人だと何とかしたくなっちゃうんだけど、その相手が変わりたいとか上がりたいとか思ってないのに、それをやろうとするから失敗するのよね。

別に次元あげなくったって、生きていけるのよ。困るかどうかは本人次第だし。

変えたいっておもうのはエゴだわ。

と今回常々おもった。

反省。

 

変わらない、変わりたくない

それもそのひとの選択だから。

 

わたしは変わり続けたいから、

そりゃ合うわけないのよね。

 

今、わたしの周りにいる人たちが

変わることを恐れないひとたちだらけで

こちらもとても刺激を受けている。

 

なんだか長くなって

まとまりがなくなってしまった次元の話。

わたしの個人的な見解なので、さらっと読み飛ばしていただければとおもいます。

詳しく聞きたい方、一緒に語りましょ。

 

f:id:kmtaetksk:20211127235907j:image

 

 

 

台風19号の爪痕

f:id:kmtaetksk:20211125212341j:image

まだ復興途中のおうちの中は

あれから時が止まったまま

 

 

今からもう二年も前になるのか。

2019年10月12日に日本へ上陸した台風19号

わたしのお家は山の上なので、河川の氾濫よりも土砂崩れや倒木などが心配だった。

ひとりじゃ怖いだろうと近くの家族がおうちに呼んでくれたけれど、結局はひとりで家にいることを決めた。

誰かが気にかけてくれていると思えるだけで安心しました。ありがとうございます。

鳴り止まないアラームにどきどきしながら

ひとりあまり眠れない夜を過ごし

朝起きてみると町が水浸しだった。

そのあたりに住む友達に連絡をしてみたら、おばあちゃんと逃げ遅れて二階にいたと返事があって、とりあえず無事でいることに安心した。

f:id:kmtaetksk:20211125213440j:image

このあと、なんとか水のついてない道路を探し迂回をしつつ仕事へ行ったけれど、

結局は臨時休業になって帰宅することになった。

 

それから、休みの日は全てボランティアをしていて、泥だらけのゴミたちを運んだり、洗浄したりしてまわった。

長野だけでなく、たくさんのボランティアのひとが県外から集まってくれていて、ひとの優しさを感じた。

色んな地域に入って活動しているなかで、水がつくのをわかっている地域のひとたちがいたことを知った。浸水すると予想できると、すぐさま畳を二階にあげ、車を上の方に持っていったそうだ。過去に経験があると、すぐに対応できるのだなと感心していた。いざというときどう対応すればいいのか咄嗟に判断できる。さすが。

 

わたしは自分の住む町、松代の片付けがある程度おわるとボランティア活動から退いたけれど、もっと被害の大きい地域へ足を運ぶひとたちも沢山いて、

今回撮影依頼を受けた長沼のおうちが、被害の大きかったところのひとつだった。

たまたま、わたしの撮ったお写真を駅舎仲間がSNSにアップしていたのを見た方から、ぜひとお声がかかった。

自分の切りとる世界で気に入るものがあればいいなと思い、引き受けさせてもらった。

f:id:kmtaetksk:20211125215102j:image
f:id:kmtaetksk:20211125215046j:image
f:id:kmtaetksk:20211125215054j:image
f:id:kmtaetksk:20211125215105j:image
f:id:kmtaetksk:20211125215057j:image
f:id:kmtaetksk:20211125215049j:image
f:id:kmtaetksk:20211125215040j:image

周りにはもっとおうちがあって

りんご畑もあったそうだ。

跡形もなくなってしまったところもあった。

 

あれから二年の歳月が流れているけれど、なかなか見えてこないだけで復興途中の地域がたくさんある。

被災したひとたちのなかでは、過去のことではなく現在進行形で向き合っていることなんだ。

 

二年経ったいま、わたしにも何か出来ることはあるのだろうか。

繋がった意味は、必ずあるはず。

 

そんなことを思いながら

シャッターをきっていた。

 

次の撮影は、ひとをメインに撮らせていただく予定なので、そのひとたちの想いもまるごと切りとれたらいいな。

 

綺麗な写真を撮ることよりも

想いが伝わる写真を撮りたい。

見る人に、何かを伝えられる写真を撮りたい。

 

そんな風に、おもう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外国人みたいな日本人の彼の話

スウェーデン人のパートナーは

何年経っても

変わらずに最上級の愛を注ぎ続けてくれている。

 

それを聞くと

「さすが外国人ね」

「愛情表現が日本人と違う」

などと

 

外国人だから

 

というようなことを言われることが多々。

 

でもそれって偏見だなあと。

 

というのも

以前付き合っていた、The日本人の彼。

その偏見の仕方で言えば、彼の方がよっぽど外国人かとおもうくらいの愛情表現をしてくれていたとおもう。

その彼とも四年くらい一緒にいたけれど、愛情を感じないことなんてなかった。

今でも、覚えてる。

ずっとずっと愛されていた。

わたしよりもマメな彼は、毎月の記念日にお花とケーキを買ってきてくれていたし

いつでも出かけた先で、わたしの気に入ったものを把握して、忘れたころにサプライズなんかもよくやってくれてた。

それが、お部屋の中に隠してあったりなんかして。

喧嘩して、わたしが一緒に住むアパートを飛び出せば、バイクで探し回ってくれたり、彼が悪いと思った時には、仲直りのためにアイスクリームを買ってきてくれてた。

眠れない夜に手を繋いで月明かりの下を歩いたり、一緒にごはんをつくって食べながら映画を見たり、大学に泊まり込みで論文書いたりなんかもしてたな。

なんでもないような幸せな日常がそこにあった。

わたしは

とてもとても大切にされていたとおもう。

 

だからもう、この十年以上

付き合っているひとたちからは

大切に扱われつづけている。

お姫さまみたいに。

 

逆に、雑に扱われているなと感じると

そのひとの傍にいることが難しくなるということを

今更ながらに、知った。

 

たとえどんなに好きでも。

好きだから一緒にいたいけど、いられないこともあるよね。自分を守るために。

 

わたしはもう自分を大切にしてくれる人としか

一緒にいられない。

とても贅沢なことかもしれないね。

 

そうそう

話は戻るけど、

外国人だからとか

日本人だからって

愛情表現が違うなんてそんなことはないとおもうのよ。

 

不器用なひとだったけれど、まっすぐに

ずっとわたしだけを愛する人だった。

 

「心から人を愛せる、そんな俺にしてくれてありがとう、みぃ。」

 

彼がわたしを〈みぃ〉と呼ぶことも、とても好きだったことのひとつ。

人と違う呼び方が特別みたいな響きで気に入ってたよ。

 

わたしと彼は

最後うまくいかなくて一緒にいられなくなってしまったけれど、この地球のどこかで彼が幸せでいるといいなと願ってる。

傷つけてごめんね。

これ以上傷つけたくなくて離れようとしたとき、どんなに傷ついてもそれでもいいから一緒にいたいと言ってくれるひとだった。

彼がいちばん望むことは

何があってもわたしといることだったのに。

それを叶えることは、できなかった。

 

どうか、彼を笑顔にしてくれるひとが

そばに居ますように。

あのとき以上に幸せな日々を

誰かと一緒に過ごしていますように。

 

今でも大事な人のひとりなのは

この先もずっと変わらないから。

 

もう伝わらないかもしれないけれど

遠くから想ってることを

ここに、記しておきます。

 

大好きでした。

 

f:id:kmtaetksk:20211124231909j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

着物でランチ@弥生座

f:id:kmtaetksk:20211121234531j:image

 

コロナ禍のなかで、みんなでお食事会

というのが出来なかったけれど

やっと。

先月のお茶会に引き続き

ランチ会復活。

 

門前にある、蒸し料理の「弥生座」さんにお邪魔しました。お座敷で食べるのは初めて。

 

お着物がよく似合う場所で

ごはんもとっても美味しかったです。

野菜もたっぷりでヘルシー。

デザートにチョコのアイスとりんごシャーベットをつけていただいた。

f:id:kmtaetksk:20211121234844j:image

 

食べ終わった後に、皆さんのお着物をそれぞれご紹介いただいたので

なんだかぷちファッションショーみたいでした。とっても素敵。

 

ちなみにわたくしは

寝かせていたお気に入りの蝶柄大島紬を初おろし。

f:id:kmtaetksk:20211121235058j:image

小物は紫で統一。

はー

蝶にときめく。

 

気分上がるやつ着ないとね。

そしたら毎日ご機嫌でしょ。

自分の機嫌は自分でとると決めている。

幸せ溢れたぶんは、みんなにおすそ分けできるもんね。

 

おいしいごはんと

お着物と。

いい一日でした。

 

余談だけど

夜もいい夜だったの。

f:id:kmtaetksk:20211121235432j:image

 

みなさまもいい夜を。

おやすみ、世界。

 

 

 

 

 

 

 

和装カメラマン

f:id:kmtaetksk:20211119225457j:image

と、名乗り始めて約一年くらいになりました。

 

去年の誕生日に、インスタアカウントを新しく開設。たくさんの人に着物を身近に感じてもらいたい、という理由で和のアカウントをつくって、まるっと一年ほど。

もともとズボラなわたしは、自分の持ってるお着物を全て把握できず、しかもひとつひとつ写真に撮ってデータを整理しておくなんてことが出来なかったので、これはコーディネートをとりあえず撮ってアップすればいいのでは…後から見返せるし。みたいな。

 

あとは、着たいけど着られないという子に着せつけてお写真撮ろ〜って感じで。わたしは着付けの練習ができるし、その子にも着物楽しんでもらえたら最高。そしてそれを見てくれたひとが、着物着たいなーって思ってくれたら、なお最高。

 

これでわたしがインスタ開設した意味があるってもんです。

 

写真はもともと好きだったけれど、世の中にはたくさん写真のうまいひとがいて、そことは並べない。

わたしだから出来る写真の撮り方とは、って考えたときに【着物着てる人が着物着てる人を写真に撮る】のはなかなかいないのではないかなと思ったのです。

 

というわけで、和装を普段着にしてるわたしがカメラを構えるので「和装カメラマン」と名乗り始めました。(名乗ったもん勝ち)

たぶん、着物の人を撮るという意味で和装専門のカメラマンを「和装カメラマン」というひとはいるとおもうのだけど、そのカメラマンが着物着てるのは少ないのでは…?

 

この一年間で、男女問わず色々とお写真撮らせていただいています。楽しい!

最近ではお声がけいただき、頼まれて撮ることも増えてきました。

趣味のお写真なのでお金をいただくことはしていないですし、わたしがそれで撮りたいと思えば本当に何もいらないのですが、自然と物々交換みたいな感じになってます。なんだか嬉しい。

そうやって優しさが循環していく中で生きていきたい。

 

コロナ禍おさまって、また自由に世界を行き来できるようになったら、色んな国で色んな人に着物を着てもらって撮影したいな。

 

着物のよさが世界中に伝わりますように。

お着物を着るひとがひとりでも増えますように。

わたしのアカウントを見て、少しでも興味を持ってくれて、ひとつのきっかけになれたら

それだけで幸せです。

 

着物、楽しいよ。

 

 

21.11.22 追記

本職でカメラマンの方に、わたしも仕事でできるよ!それくらい上手いよって言っていただけて、なんだかとっても嬉しかった。何かしら繋がっていった先に、出来ることがあればといつも思ってる。

人の繋がりでね

わたしは生かされてるから。

大事にしてく。

関わってくれるひとたちには

わたしの限りを尽くして、大事にしたいの。

出来ることがあるなら、何でも力になりたいと

そう思ってるの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ以上

f:id:kmtaetksk:20211116224751j:image

 

いつか離れていくのなら

これ以上、近づきすぎないで

 

わたしの周りにいるひとたち

みんなみんな大好きすぎて

誰ひとりとして失いたくないの

 

たわいないやりとりも

向けられる笑顔も

いつか全部なくなってしまうくらいなら

これ以上、

距離を縮めたくないよ

 

これ以上

好きなひとを失うのは

 

もう

やだよ

 

 

 

 

 

 

 

七五三ロケーションフォト

を仰せつかりまして

先週末、楽しんで撮影してきました。

長女が小さかったときから知ってるから

尚更感慨深い。

姉妹可愛い。

妹ちゃんもつい最近までめちゃくちゃ小さかった気がしてるのに、あっという間に可愛い女の子になってた。

 

ふたりとも可愛くて癒されたいちにち。

 

f:id:kmtaetksk:20211116234216j:image

わたしの着物たちを受け継ぐためにも

いつか女の子を産みたいな。

でも彼に似るなら王子さまみたいな男の子でも嬉しい。

 

わたしね、今世に生まれてきたひとつの使命は子どもを産んで親になることなの。

そろそろ果たさなくちゃね。

 

そんなことを思う秋晴れの日。

 

今月はお休みの日にたくさんの御依頼いただいて、ひたすらお写真撮ってる。

 

明日も楽しみだ〜〜〜